盆栽の育て方『置き場所について』

FLOWER SHOP 楓のHPにて「盆栽の育て方」について記載しています。
が、、、自分で説明文章を作っておきながら表現があいまいだなぁ^^;と思ったり、普段お客さまからよくいただくご質問が『置き場所について』なのでそのあたりをより詳しく付け足そうと思いました。

楓で販売している盆栽は多くのものが小さく手のひらサイズです。
そんな小さな盆栽でもしっかり丈夫に育つよう数年かけて管理するものもあります。
そういった盆栽はこのように全部外で管理しています。
f0223594_18564183.jpg

その中から季節ごとにおすすめできるものを店頭に並べたりWEBSHOPで販売したりします。

基本的に盆栽は戸外で育てます。でも盆栽を購入されるほとんどの方は部屋に飾って眺めたいとおっしゃいます。それは当然のことですよね、外に置いてたのでは見えませんし。
でも盆栽に仕立てるような植物はそもそも自然の環境が好きです。暑さに負けず寒さに負けず強くなっていきます。それを室内の安定した温度、程よく弱い光の中では十分に育つことができません。
なので残念ですけど連続して部屋に飾っておくのは2〜3日までにしましょう。
その盆栽が見頃の時期、例えば花が咲いた時や実がついたといった場合はせっかくなので室内に置いて鑑賞する。花が終わればまた外に出す、といった具合に。
少し面倒ですけどね^^;

次に外に置くといってもどんなところに置くか、一言で言えば「日光があたり風通しがいい場所」です。それでも極端はダメです。。。(程よくが難しい。)
ウチは南向き西向きの日光がガンガンあたり、しかも強風も容赦なくあたる場所しかなくて、仕方なくL字型の塀で囲み盆栽置き場にしました。
ほどよく日光も当たり、真冬の強風や台風の時でも未だ盆栽が転がっていったことはありません。
ただ真夏だけは上からの直射日光がキツくて葉が焼けるのでワイヤーを張って、
f0223594_19121132.jpg

ズルズル〜っと日よけが出来るようにしました。
f0223594_1918912.jpg

雨の日は開けておきます。
f0223594_19261267.jpg

手づくり感あふれる簡単なものですがこれでずいぶん直射日光は防げます。
f0223594_19271716.jpg

あと、エアコンの室外機が近くにあるので室外機の風よけも作りました。
f0223594_19292271.jpg

f0223594_19323023.jpg

こういった環境で1年中管理しています。
自宅のリビングからこれらの盆栽を眺めることも出来るので、部屋から盆栽の状態をチェックしたりもします。
f0223594_19345132.jpg

冬はほとんどの植物が落葉します。
f0223594_19353388.jpg

こうなったら部屋に飾っても何なので心置きなく外に置いとけますね。
どんなに寒くても風がふいても雪が積もってもそのまま。
f0223594_19374022.jpg

雪がてんこもりになって大丈夫かな...と心配になる時もありましたが、今のところ春がくればちゃんと新芽が出て青々とした葉っぱが茂ってきています。

というように、実際に置いている場所でご説明させていただきましたが、あくまでも香川県での場合です。香川は比較的温暖で晴天の日が多く雨は少なめ。雪は年に1、2回積もることもありますが、うっすら積もる程度でここら辺は半日か1日くらいですぐ融けてしまいます。
冬中雪が積もるような地域にお住まいの方は雪が避けれるような場所に避難させてくださいね。特に小さい盆栽だと根まで凍ってしまうと思いますので。

地域によったり、またご家庭の環境によったり置き場所は様々だと思います。
これらのことを参考にしていただき、あれこれ試しながら盆栽にあう場所を見つけていただければと思います^^



2つのランキングに参加しています☆
1日1クリック♪ 応援よろしくおねがいします!


にほんブログ村 花ブログ 花屋・園芸店へ

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます〜
[PR]
トラックバックURL : http://kichizitsu.exblog.jp/tb/20252569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kichizitsu | 2013-08-22 20:02 | 盆栽 | Trackback | Comments(0)